image


寄稿依頼、来い!寄稿!カモン!

ブログをやっていると企業や有名なブロガーから、うちのサイトに文章を載せませんか?という寄稿依頼が来るらしいです。

いまだから白状します。ブログを毎日更新して2年目の僕ですが、寄稿依頼なんて来たことはありません。なんで来ないのかわかりません。あれって、ちゃんと更新してたら誰にでも来るものじゃないんですかね。もしかして避けられてるとか。

こんなに真面目なブログって他にないですよ?あーあ、早く来ないかなぁ寄稿依頼。最近だと誰も文章を書かせてくれないから、自分からあるWebメディアのライター募集に応募して、そちらで記事を書かせて頂いています。


そもそも寄稿依頼ってどんなブログに来るの?

これがよくわからないんですよ。すごく有名なブログでも、誰も知らない無名ブログでも、寄稿してる人はしてるんです。どうやらブログの知名度は関係ないようです。

じゃあ専門性とかその人にしか書けない記事なのかというとそんなこともありません。読んでみると、あれなら僕でも書ける!と思うことが多いです。

寄稿記事って専門的な内容じゃなくてもいいんですよ。個人の経験を語ってるものが多いです。読んでみると誰でも書けるなぁという印象。

過去の経験をネタにした記事ならうちも負けてはいませんよ!ブラック企業やクソベンチャーでの勤務経験があるので、そのへんを取り扱った労働系の記事も書けます。


ここで営業をします

うちのブログは雑記ブログです。特定のテーマや内容にこだわらずに、僕が書きたいと思うものを取り上げて記事にしています。読んでもらえればわかりますが、本当にいろいろな記事を書いています。

お役立ち情報から、イベント情報、地方ネタから結婚生活や子育て論まで幅広く書いています。カテゴリはかなり細分化されているのですが、なぜか人気が高いのはマンガ記事です。

マンガ記事ばかりを書いているわけではないんですよ。でもよく読まれているのはマンガの感想です。ニッチなマンガなので検索しても僕のブログしかヒットしない、みたいなところはありますね。

マンガを読んで感想を書いてほしい!みたいなご依頼がありましたら、お待ちしております。また、どうやったら結婚生活がうまくいくか、みたいな離婚しないためのメソッド的なことも書けます。需要があるかはわかりませんけど。

あとはキャリア系ですかね。新卒で就職できなかった僕が、どうやってゲーム会社のプログラマーになったかとか。このへんは興味のある人は多いんじゃないかなぁ。


まずはカテゴリを見てください

僕がこれまで書いてきた記事はカテゴリから見れます。自分で言うのもなんですが、カテゴリが多すぎてマジでなんのブログかわかりませんね。究極の雑記ブログです。

おすすめカテゴリは子育てや団地巡りでしょうかね。映画の感想やエッセイも書いてます。まぁ、ブログ自体がエッセイみたいなものですけど。あとは小説を書きます!

小説を書いて文芸誌の新人賞に応募しているブロガーなんて僕くらいしかいませんよ。小説を書いて欲しい、みたいなご依頼も承ります。はあちゅうさんみたいに小説も書くブロガーって珍しいですよ。