image


妻には外に出てもらう

今の時代って、男は外で仕事して、女は家で家事育児って時代じゃないですよね。二人で稼ぎに行くか、稼ぎの多い方が仕事をして、少ない方が家で家事育児をする、みたいなのが常識になりつつあります。男も女も関係ないですよねぇ。

関連記事【妻の機嫌が悪いなら育児、家事でも手伝ってみれば?

時代に合わせて夫婦は役割を変えていかなくてはいけません。うちも最近は妻が外に出ています。子供が大きくなってきたので、仕事に復帰するために朝から夜まで留守にする時間が多くなりました。平日は妻が朝から晩まで娘を見て、土日は僕が見るという形です。



↑こういうの、けっこう当たり前なんですよねぇ。

うちの場合は違いますよ!よく聞く、留守の間の数時間だけ、というのではないです。日によってばらつきはありますが、僕が見てるのは朝から夜まで、9~12時間ですね。ほとんど正社員の勤務時間のような感じです。その間はワンオペ。別にしんどくはないですね。


飲み会にも行きますよ

世間では妻が飲み会に行くことに反対する旦那がいるようです。なにそれ怖い。飲み会なんて好きに行けばいいじゃないですか。

飲み会どころか働きに行くことすら禁止する、みたいなことをする旦那もいるそうです。それ、人権侵害ですよ。

関連記事【「旦那が働かせてくれない」 ← は?なめてんの?

妻が外出中のあれこれが心配、みたいな情けないことを言ってる人もいますねぇ。そんなの自分でやったらいいんじゃないですか?僕なんて最近は朝、昼、晩の3食を作ってますよ。それだけじゃなくて、娘とお風呂にはいったりスーパーに買い物に行ったりします。

会社員だけど主夫のようなものですね。


妻が外に出ることはプラスにしかなりません

そんなわけで妻が外に出ていても、うちは特に困ることがありません。そのぶん妻は外で人脈を作り、スキルを高め、仕事に必要な情報を集めることができます。

うちは僕一人の稼ぎで暮らしていけるほどお金があるわけではありません。なので、妻にはどんどん家計に関わってもらうために仕事をして欲しいと思っています。

関連記事【年齢より若く見える人は旦那が家事、育児に積極的だから

家族が外に出ることはプラスにしかならないんですよ。家に閉じ籠ってる方がよくないです。家事について調べることは僕自身のスキルアップにもなるしいいこと尽くめです。




勝間式 超ロジカル家事
勝間和代
アチーブメント出版
2017-03-25



↑こういうのとか読みたくならないですか?僕は好奇心が強いので基本、なんでも知りたいタイプ。娘が小さいときは育児本を片っ端から読みましたし、今は家事本が読みたいです。


妻が飲み会に行くメリット

僕の知らない業界の話が聞けるんですよねぇ。基本的に仕事をしていても、自分の業界のことしかわからないじゃないですか。でも、妻が別の業界にいればその業界の話がわかります。

それが新鮮なんですよねぇ。飲み会から帰ってくると決まって、業界あるあるや、業界のヤバい話を聞けて楽しいです。僕もそれが自分の中で物事を判断するさいの参考になったりするんですよ。逆にどの業界でもやっぱり同じ、みたいなことがあります。

それって社会人の共通の悩みなので、お互いそれわかる、わかるわー、みたいに盛り上がれるんですよねぇ。同僚に愚痴を話すより、妻に聞いてもらう方が面白いのなんでだろう?

他にもメリットがあります。


家事育児スキルがあがる

僕のスキルがあがります。いつの間にかなんでもできるようになってました。もともと各種支払いやスーパーでの買い物もやっていたのですが、さらに食事を作れるようになりました。

イクメンとかなめてんの?って感じ。僕の家庭へのコミットはそんなレベルじゃないんですよ。そのうち揚げ物までマスターしそうな勢い。もちろん掃除とかお風呂もやってますよ。


子供の将来にもメリットがあります

出来て損をすることなんてひとつもありません。なので男も家事育児スキルをあげるべきです。たぶん娘は僕の姿を見ているので、将来何もできない男と付き合うことはないんじゃないかな。

基本的なことができない男は地雷だと思います。離婚や夫婦の不幸を避けるためにも、ちゃんとした男を選んで欲しいですよねぇ。靴下がどこにあるかわからないとかヤバイでしょ。

男の子にもおすすめです。家のことが出来なさすぎて、奥さんに愛想を尽かされるということがなくなるかも知れません。ウインウインの関係ですね。


相手の立場がわかる

サラリーマンは子供を1日中見ることってないと思います。だから家で子供を見ている妻の生活を想像できないんですよね。やってみないとわからない。

それを経験したことがないから、主婦は暇だ、みたいな意味不明なことを考えるんですよ。主婦は暇じゃないし体だって疲れます。子育てって肉体労働であり、精神労働ですからね。

一人でも大変なのに、子供が何人もいたら育てるの大変ですよ?というわけで、実際にやってみたら妻の気持ちがわかって共感力が高まります。夫婦仲の向上におすすめ。


なぜ僕はここまでできるのか

子供は親の背中を見て育つというのは本当で、僕の両親が共働きだったからです。父親は母親が仕事や飲み会でいないときにはちゃんと面倒を見てくれました。

そんな両親を見て育ったので僕も同じことができるんです。もしこれが亭主関白で、妻の外出を許さない父親だったら僕もそうなっていたでしょう。でもそれって誰も幸せじゃないですよね。


子供にどんな大人になってほしいですか?

親がつまらない人間だと子供もそうなってしまいます。相手への配慮とか柔軟性がない家庭はうまくいきません。固定観念がない家で育ったので、僕は夫婦関係についてはフラットな考えを持っています。

子供がどんな大人になるかは、小さい頃の環境に左右されます。おかしな家庭環境ではおかしな子供が育ちます。そのことをちゃんと考えれば、どう行動すればいいかが見えてきますよ。妻を家庭から解放する時代が来ています。