image


JRで帰省するメリット

お正月らしい話題です。帰省にかかるお金のお話し。うちはいつもJRで七尾まで帰っています。

関連記事【大阪から能登に行くベストな方法はサンダーバード

それしか方法がないからなんですが、他にもメリットがあるんですよ。6歳までの子供なら乗車券が必要ないんです。


「幼児(1歳以上で小学校に入学していないお子様)」、「乳児(1歳未満のお子様)」は無料ですが、次の場合は「こども」のきっぷをお買い求めください。
 ○「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」が3人以上の場合(3人目から「こども」のきっぷが必要です)。
 ○「幼児」、「乳児」が1人で指定席、グリーン席・グランクラス(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合。
 ○「幼児」が単独で旅行する場合。

小学校入学前の子供(幼児・乳児)は、乗車券は必要ないですか。


実は小学校に入るまではタダ!これって意外と知られていないんですよねぇ。乗車券がなければ特急券も必要ありません。


飛行機よりもよくない?

子供と一緒に飛行機に乗ったことがないのですが、2歳から料金がかかるんですかね?Googleで料金計算したらそう表示されました。

img

飛行機代って高いので子供料金といってもけっこうとられますよねぇ。目的地が遠いと尚更です。料金を考えたら電車で行ける場所なら電車の方が絶対にお得です。


他にもメリットがあります

基本的には国内の移動はJRにしましょう。飛行機のように手続きもなければ天候にも左右されません。


北海道は発達した低気圧の影響で22日午後、太平洋側や十勝地方を中心に雪が降り、新千歳空港で約130便が欠航し、積雪で進めなくなる列車が相次ぐなど交通機関に影響が出た。札幌管区気象台は23日にかけて大雪や暴風の荒れ模様になるとみて警戒を呼びかけている。

<大雪>新千歳空港で130便欠航


とくにこの時期は天気が荒れて風や雪で飛行機の欠航のニュースが多くなりますよねぇ。空港で足止めなんてことになれば子連れには厳しいです。





JRはよほどのことがない限り走りますからね。止まるのは地震のときくらいでしょうか?場合によっては振替輸送もしてくれるし、最悪動かなくても死にません。飛行機はその点が怖いです。


JRグループでは乗っていた列車が途中で運転を打ち切られた場合、他のJR線を経由して旅行を継続できる救済制度が設定されている。

振替輸送



早割という方法があります

まだ使ったことがないのですが、JRの場合は出発予定日よりも早く予約すことで料金が割引になる仕組みがあります。

インターネット予約限定 スーパー早特きっぷ[席数限定]|JRおでかけネット

早めのネット予約で料金割引というやつですね。帰省のさいはお金がかかるので、こういったサービスを活用して旅費を安くしたいものですね!