image


webライターが熱い!

最近webライターになりたい!という人が多いんでしょうか。ネットを見てるとwebのライターという肩書きに目がいきます。僕は副業でならやってみたいと思います。

ライターといっても雑誌や書籍に文章を書くようなライターではなくて、DeNAが閉鎖を決めたWELQに代表されるようなクラウドソーシングで仕事を受けるwebライターが注目されています。

関連記事【文章を書く仕事がしたい

もともとは別の仕事をしていたけれど、ライターの仕事が増えてきたので本職をやめてwebライターになったという話を見ます。


どうやったらwebライターになれるのか

僕が見た範囲だと以下の感じです。ひとつの方法があるわけではなく、いくつかやり方があります。


・クラウドソーシングで仕事をもらってくる
・もともと印刷媒体のライターだった
・web系の企業でライターの仕事に就く
・ツイッターとかブログ経由で声をかけてもらう
・web媒体のライター募集に応募する


こんな感じですかねぇ。未経験からチャレンジするならクラウドソーシングを始めるのがよさそうです。もしくはweb系の企業に就職するかです。でも求人数が多くないのでwebライターとして就職は無理っぽいです。

ECサイトの商品紹介を書く仕事もwebライターと言えなくもないですが、たぶんそれは一般的なイメージのwebライターではありませんよね。webライターと言えばwebメディアに記事を書く人を思い浮かべると思います。


そもそもwebメディアがどうなのかという話

しっかりと採算が取れているwebメディアってどれくらいあるんでしょうかね。有名なところは既にライターが揃っているし、未経験の人を入れてくれるほどの余裕があるところはないんじゃないかと思います。

関連記事【関西でWEBメディアを立ち上げる難しさを考える

いずれにしてもネットを日常的に使ってないと難しそうです。ツイッターとかブログとかで文章を書いていないと書けないんじゃないかな。

運よくライター募集のwebメディアを見つけられれば連絡してみるといいでしょうけど報酬は期待できません。趣味ならいけそうですけど。


ライターといっても書くだけじゃないよ

僕も昔はよくわかっていなかったのですが、ライターといっても好きな文章を書けるわけではありません。好きに書けるのは作家の方でしょうか。



ライターはクライアントからの依頼で○○について書いてほしい、と頼まれて仕事が発生するので基本的に書きたいことは書けません。

頼まれて書くわけですから依頼主の意向に沿ってないと弾かれます。また、知らないことを書く場合もあるので書くために調べる、話を聞くという作業が多いのではないでしょうか。


サラリーマンはwebライターになれるのか?

副業でライターをするというのは時間の制約上難しいです。もともと特異な分野があったとしても書く前に何かしらのリサーチは必要になります。僕はクラウドワークスをやってみようと思いましたが、リサーチが大変そうでやめました。

今のところwebライターになれる確実な方法というのはありません。web系企業やweb制作会社に入社して、自社のwebメディアに関わるところからキャリアを始めるのがいいのではいでしょうか。お給料が出るし、確実に実績につながるのでおすすめです。

サラリーマンの場合は転職するということになりますね。

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>


IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】


まずはこのへんの求人サイトを見てみてください。webライターの求人があるかも知れませんよ!