image


フリーランスがブームになってます

最近は就職しても早くに退職してフリーランスになるのがかっこいい!みたいな風潮です。せっかく就職したのに1年くらいで辞めるのがブームっぽいです。

就職どころか大学を中退してフリーランスに俺はなる!みたいな人もネットで見ました。まぁ中退の場合は珍しくないです。

僕が大学生の時にもいましたから普通のことです。でも最近はフリーランスになるために中退する、みたいな意味不明のことをする人もいます。


数年後がわからない

フリーランスになれる人はすごいなぁと思います。僕は一人でやっていける自信もスキルもないのでフリーランスになれません。

だからフリーランスとして生活できる人はスゴい!と思います。でもそんなスゴい人がいつまでもスゴいままかと言うとそんなことはありまん。

関連記事【新卒フリーランスは消耗するよ!新卒正社員をおすすめする理由

何年もフリーランスとしてやっていけるのかなぁとも思います。数年先すらわからない時代です。勢い余ってフリーランスになるなんてデンジャラス過ぎて心配になってしまいます。


今話題のフリーランスのスキルとは

ネットを賑わせているフリーランスの人たちが口々に言う稼ぐ手段というのがブログです。大抵がブログとかブログとかブログとかnoteとかじゃないですか。

フリーランスならブログに全力投球できる、自分の時間を好きに使えるとかいいますけど、ブログとかブログとかブログってフリーランスじゃなくもできることだと思います。

ブログを仕事にするフリーランスの人のスキルって何か特別な知識とか経験がなくてもできることなので希少価値が低いと思うんですよねぇ。


希少価値が低いフリーランスって需要あるの?

ブームの時はいいんですよ。ブームの時は。でもそれはブームだからであって何年も続きません。

未来の話、その時に他と差別化できるスキルや経験がなければ負けてしまいます。webサイトと同じですよね。10年前と比べると一気に単価が下がっています。

webサイトを誰もが簡単に作れるようになったみたいに、ブログで稼ぐ系のフリーランスの人々も新しいサービスに淘汰されていく時代が来ます。

関連記事【webサイト制作は儲からない

最近だと若者は検索をしないらしいですね。若者の検索離れでブログ文化が滅びることも十分あり得ます。


タレントであり、インフルエンサーでもあるGenking(ゲンキング)さんがGoogle検索はしないと語ったり、SEOではなく今後はFEO(Facebook Engine Optimizationの略)をすべきだという記事が出たりと、若年層を中心に「検索エンジン離れ」が起き始めています。

若者たちが、検索エンジンよりもSNSを信頼する理由


ブログなんてテキストサイトですからね。検索が衰退したら滅びますよ。



ブームに惑わされずに得意なことで稼ぐ!

副業が注目されています。雑誌の特集記事もあります。







僕も会社員のまま稼ぐためにブログを書いています。少しですが収益が上がり始めました。すべてを捨ててフリーランスになる必要なんてないんですよ。

あとは小説ですね。これはどっちかというと趣味ですけど新人賞に応募しているので引き続き頑張ります。

早い時期に文章を書くことを仕事にできたらいいなぁと思っています。ライターじゃなくて創作をやりたいです。


会社員のままで稼げばいい

会社員のままで稼ぐ方法はたくさんありますよ。

イラストや小物を自分で作ってネットショップで売るという方法があります。

無料ショップ開設なら「BASE」


もっと手軽にやりたい方にはアンケートサイトがおすすめです。





僕のようにブログを書いてみてもいいと思います。大事なのはブームに乗って安易にそちらに行かないことです。

ブログなんてアドセンスが死んだら終わりなんですから。ツイッターすらサービス終了が現実的になってきました。