なんだか今さらな感じがしますよね。小学生がスマホを持ってても全然不思議じゃない時代になりましたから。みんなモントスやってます。ひとり一台の時代ですから持ってて当たり前なんです。

ただ、子供を持つ親としては子供に携帯を持たせるかどうかは悩むところです。いつからもたせるかとか何を持たせるかとか。


子供が携帯を持つことの問題点

携帯を持つことに不安はないと言えば嘘になります。心配なのはつながり過ぎていることでしょうか。24時間どこにいたって電波が入れば連絡できるわけですから。しかも昔と違って、ごめん電波なかったわーといういい訳ができない環境になりました。

この歳になって思うのは他人とつながったっていいことはなにもないということです。勉強に集中できないし本も読めないし、予期しない通知が入って気が散るだけですから。それよりも自分のために時間を使った方がいいと思います。

大人だって自制できないのに子供に自己管理を求めても難しいでしょうね。個人的には昔のテレホーダイみたいに時間を限定してつながれる方がロマンチックだと思います。


つながるといろいろめんどくさい

大学時代にミクシィが流行っていて自分の日記に足跡がついたかどうかが気になって無駄にログインしてチェックしていました。今の子供たちはそれがLINEになってるわけです。

人とつながるサービスって相手の出方が気になってしまうことがネックですよね。まぁそのためのサービスなのでそれを言うとおしまいな気もしますけど。

僕は監視されてるようなことが嫌なので正直、携帯は持ちたくないんです。お金かかるし。そして連絡を放置しつつも返さなきゃ、みたいな気持ちもあるので自己嫌悪になります。


やっぱりいじめに使いますよ

LINEは恐ろしいです。いじめの要素がさらに増えたわけですから。既読無視したから無視する、返事がないから冷たくするとかもあるみたいです。


「既読スルー」という現象も問題視されている。ラインでは、自分が投稿したメッセージを相手が読むと、画面に「既読」と表示される。メッセージを見たかどうかが投稿主にも一目でわかるが、見たにもかかわらずメッセージが返ってこないと、気分が悪いというわけだ。同級生の男子生徒(14)は「既読スルーをされると不安になる」といい、「『なぜ返さないのか』とけんかの原因になることもある」と話す。

「外し」「既読スルー」…深刻な〝LINEいじめ〟の実態


おまえら恋人かよ!って感じなんですが今の子供たちは大変ですね。みんながやってたらやらないわけにはいかないし、やってないといじめられるし、もう困ったもんです。


うちの娘には使うけど無くなっても構わない、という子供になってほしいですね。依存の問題だと思います。つながるサービスでのつながりなんて学生時代しか役に立ちません。社会人になるとそんなものどうでもよくなります。そんなわけで最近はfacebookも見なくなりました。どうせ大したこと書かれてないですよ。