誰にでも好きな場所がある

おーい、と大きく手をふる。
そこからこちらは見えるだろうか。
そんな思いで声をかける。
ここが私の好きな場所。

今のがキャッチコピー

好きな場所に立ち、
そこで手をふっている人たちが流れるだけの映像が見たい。
タイトルは「みんなの、おーい」
いろんな人たちが笑顔で、
どうよここ。いいだろ?
好きなんだよーここが。にこにこ。
と嬉しそうにしてる作品。

企画がうごくならやります

これを読んで自分も見たい!と思ったあなた。
作りましょう。
その場所のよさを言葉ではなく、
おーい、で語ってもらう。
いいじゃんね。
その人のおーい、が何よりもその場所のよさを伝えてる。
そんなシンプルさが魅力的。

おもしろいと思うポイント

普通の人の普通の暮らしが共感を呼ぶ時代だから、
何気ない普通にこそパワーがある。
ありふれた風景の積み重ねがドラマなんだよ。