検索エンジンだけでいいんですかね

検索エンジンにわざわざクロールしてもらって、
キーワード検索を狙うだけがアクセスアップの方法ではないです。
facebookやtwitterの存在感が日増しに高まる中、
検索エンジンはソーシャルメディアを使ってない僕のような遺産人間が使うものになりつつあります。
すなわち、
SEOが死語になる日がくるかもしれないわけです。

ソーシャルもいいけどなぜか友達が少ない

そうさ、時代はソーシャルメディア!
SEOなんて過去の遺物さ。
これからはつぶやきまくって、いいねしまくればオールOK!!
なんて軽く時代の流れに乗っかってみるのはいいですが、
果たして効果がでるのにどれくらい時間がかかるのでしょうか。
そもそもネットでもリアルでも友達少ない人間には、
ソーシャルうんちゃらなんて無用の長物。
というか虚しさが助長されて、
よけい悲しい気持ちになるだけです。
でも諦めるのはまだ早い!

アクセスはどこに集まる?

ニュースサイトやアルファブロガーのブログ。
ここには多くのアクセスが集まります。
SEOせずとも、自然とアクセスが集まる、そういうサイトは多いです。
元々人が集まるサイトなので、
SEOなんてみみっちいことは関係ありません。
ネットへの影響力とユーザーの訴求力はばっちり!なんですね。
まずはそういったサイトを見つけましょう。

こちらからアクションを

世の中にはえ?ここが?っていうほどの有名サイトが、
コメントorトラックバックを受け付けています。
そのへんの個人が気軽に書き込んでいいの?
みたいな罪悪感を感じてしまうくらいの有名所が!です。
そこを気にせずコメント&トラックバック。
もう人目なんて気にしてはいけません。
どうせ友達少ないのです。

祈る必要はない!続けるのだ

よほど(誹謗中傷、内容が無関係、もしくは運営者がケチ)でない限り、
削除されることはなく公開されます。
そのさい忘れてはいけないことは、
サイトへのURLを入れること。
トラックバックはリンクが貼られるので心配いりません。
あとはピックアップした人気サイトを数ヶ所渡り歩き、
定期的に(目指せ常連)コメント&トラックバックのダブルコンボで自サイトへのURLを残して立ち去るわけです。
カキコ!カキコ!カキコ!です。
自然と高トラフィックサイトからアクセスを分けてもらえます。
みんなこの意味をわかって、
コメント、トラックバックをやってると思うんですけど、
このやり方をアクセスアップ方法のひとつとして、
あえて明言しているとこはないみたいなので書きました。