原発はいらないが流行語になってるけど本当にそうだろうか。
福島の人が住めなくなったから原発は危ない!ってのはわかるんだけど、
エネルギーのことを考えたら簡単にやめるわけにはいかない。
海外からの石炭、石油、天然ガスの輸入が今後も保障されてるわけではないし、
資源の奪い合いなんて珍しくない状況なのに原発をなくして大丈夫なわけない。

資源小国ではないよ!っていう話題も最近は目にするけどまだ可能性の話だと思う。
海洋資源や地熱の話が一時期よく取り上げられてたけど、
費用や法律とか住民の理解とかですぐには実現できない。
太陽光とか風力も天候に左右されるし不安定な気がする。
たぶん今後もエネルギーの海外依存は続くんじゃないかな。

原発をなくせと言ってる人は原発がなくなったあとの世界を想像していないんだろう。
それかエネルギーは汗のように自然と湧き出てくるものだとでも思ってるんだろうか。
節電すれば必要ないっていうのも短絡的で先のことを考えてないんだろうなー。
エネルギーを軽視すると産業が片っ端からだめになって貧乏で暗い国になるけど、
そんな未来は考えたことないんだろうな。