お金を稼ぐ方法はいくつかある。

というかありすぎるけど、

そのどれもが具体的な手法のことで、

普遍的な意味での稼ぐ方法を説明してるわけじゃない。

お金を稼ぐにはどうするか。

答えはひとつ。

「誰かのリスクを回避、解消、肩代わりする」

これ↑

これが稼ぐための普遍的な方法。

これをやってくれる人に対しては、

いつの時代もどんな仕事にもお金は払われる。

逆に言えば売上が落ちている業種や業界は、

これができていないかできなくなったかのどちらか。

または顧客のリスクが変わったことを理解できていない。

お金を稼ぐ方法は普遍だけど手法は変わるからね。

時代にあわせて変えていかなくてはいけない。

さて、

これと似ている話でモノはなぜ売れないかについて書いてみる。

モノが売れない原因は2つ。

「品質が悪い」
「そもそも必要じゃない」

このどちらかか両方が原因。

「値段が高い」は安売りスパイラルに陥るので最初から検討対象ではありません。

というわけでお金を稼ぐには、

顧客のリスクを回避、解消、肩代わりできる品質のいい必要とされるモノ

を売ればいいわけだ。